ノーサイドのLINE

友だち追加 ↑↑↑ 会社へのお問い合わせ、求人のお問い合わせはこちらから

お問合せ総合窓口

総合福祉施設ノーサイド
TEL:06-6736-1515
E-mail:info@no-side-kaigo.com
所在地:〒577-0843
大阪府東大阪市荒川2丁目8-26

© 障がい児・者 総合福祉施設ノーサイド All rights reserved.

クラウドファンディング始めます!★予告

こんばんは のむらです

長かったゴールデンウィークも今日で終わりですね。

以前より、面白いなーと注目している会社があります。
毎日会社に行くのが楽しくなることを目指していて、なんとボーナスをサイコロで決めたりするユニークな会社です。
そこの社長さんが、毎朝目覚めると早く会社に行きたくてしょうがなくて、ダッシュで会社に行っていたとおっしゃっていたのが、とても印象に残っています。
私もそんな風に仕事に取り組みたいと思っています^ ^

明日からお仕事の方も多いと思いますが、さて、みなさまどんな気分でしょうか
張り切っていますか?それとも、ちょっと憂鬱ですか?
私は、ダッシュとまではいきませんが、早歩きくらいで行きたい気分です(^。^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クラウドファンディングをはじめます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さてさて、話は変わります。

ノーサイドでは「ノーサイドを障がいのある人たちの災害時の避難所にする!!」というプロジェクトをクラウドファンディングで立ち上げます(^o^)丿
現在、そのページを準備しております。

クラウドファンディングとは、簡単に言うとインターネット上で不特定多数の方に企画をプレゼンして、資金を集める方法です。

詳しくはこちらのサイトをご覧ください↓
レディーフォー
https://readyfor.jp/crowdfunding/

私が最初にクラウドファンディングを知ったのは、5、6年前だったと思います。
当時はまだ今ほどメジャーではなく、案件も少なかった頃です。
知り合いが企画を立ち上げていたのですが、それを見た時の印象は、何かしたいことがあるなら人から資金を集めるのではなく自分で何とかするものでしょうと、否定的なものでした。
その頃はまだ、クラウドファンディングの仕組みも何も理解していませんでした(^-^;

そして最近では多くの方が利用されてることもあり、クラウドファンディングの活用についてもだんだんと分かってきました。

商品やサービスを提供するための予約販売的なものから、純粋に寄付が目的のものなどさまざまな使い方があるんですね。その収入は売り上げとなり、もちろんそこから税金も納付することになります。
なので上手に計画していかないと、資金を集めたもののプロジェクトを実行すると赤字になることも(@_@)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どうしてクラウドファンディング?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ノーサイドでクラウドファンディングを行うことにしましたが、その目的は、資金を集めることだけではありません。
では何が目的なのかと言いますと、多くの方に、障がいのある人のことをもっと知っていただきたいという思いからです。

ノーサイドの施設ブログでは、イベントや楽しい毎日を発信しています。
それを見ると、楽しそうだし障がい者支援は大丈夫なんだだろうなと、思われる方も少なくないと思います。
でも、障がい児者の支援には、ノーサイドだけではなく多くの方が関わっていますが、それでも十分とは言えず不便なことがたくさんあるんです。
そして、日本には支援を受けることができない人、支援を受けられることすら知らない人がまだまだたくさんいらっしゃいます。

昨年から始めた、外出が困難な重度の障がい児のための訪問支援サービス「居宅訪問型発達支援」
重度の障がいがあっても楽しく旅行ができるようにと始めた「のーさいどの宿」
など、ノーサイドが新しく行なっているのは、必要だけどまだ全然足りていないことです。

ノーサイドが活躍したりチャレンジしているうちは、障がいのある方たちへの支援が、まだまだ行き届いていないんだと思って下さい^ ^
ノーサイドの最終形は、障がいのある方に支援が行き届き、チャレンジすることがなくなり、会社を解散することですから…このお話は長く熱くなるのでまた別の機会に(^。^)

ということで、私たちのチャレンジはまだまだ続きます(^O^)
今回のチャレンジは、クラウドファンディングです!

震災の時、災害の時、障がいのある方が安心して避難できる場所がありません。
重度の障がいのある方の中には、呼吸器をつけている方も、酸素飽和度や脈拍数を常に表示するためのモニターをつけている方もいます。
そして食事の形態もさまざまです。ペースト状でなければ食べることが出来ない方もいらっしゃいます。トイレもお風呂も…言い出すとキリがありません。
もちろん障害のあるなしに関わらず、必要なものは事情により違います。病気の方も高齢者もいらっしゃいます。でも、公共の避難所で、それぞれの事情に合わせて全てを整えるというのは、なかなか難しいことだと思います。

そこで、これまで障がい者支援を行ってきたノーサイドだからできることを考えました。
「ノーサイドを避難所にする!」
障がいのある方が安心して避難できる避難所にするために、少しずつ準備を整えて行きたいと思っています。

このクラウドファンディングを通して、たくさんの方に障がいのある方やそのご家族の生活に興味を持っていただけたらと思っています。
そして少しずつでかまいません、できることから協力していただけるようになれば嬉しく思います。

サイトの準備ができましたら、またここでお知らせします。
ぜひみなさまのご協力をよろしくお願いいたします!

クラファンは、スタートダッシュが大切です!
みなさん、せーので行きますよ!
準備運動をしておいてくださいねー(^o^)丿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

求人【完全週休3日制】社員募集!! ※未経験者歓迎

この度、ノーサイドでは「完全週休3日制」の社員を募集いたします! 「仕事も大事だけど、自分の時間も大事にしたい」そんな方はいらっしゃい…

松田先生♪絵のリース契約ありがとうございます!

こんにちは のむらです いつもノーサイドの子どもの施設へ音楽療法に来ていただいている松田恵理子先生が絵のリース契約をしてくださいました…

福祉ってクリエイティブ!

こんにちは 野村です これからのお仕事は、AIやロボットに代わられてしまう時代などと言われておりますが、もちろん福祉も例外ではありませ…

新年のご挨拶「&noside」より

~障がいのあるなしにかかわらず共に生きていく社会を目指して~ 僕が、ヘルパーを始めて今年で14年目になります。始めた頃は知識も技術もな…

クラウドファンディング成功★御礼

夏の暑さと共に頑張っておりました、ノーサイドの初めてのクラウドファンディング ~生きる為に電気が必要な『身体重度の障がいのある子どもたち』…

あそびかたフェスタ☆ガイドヘルパー

こんにちは 野村です 8/7(日)のガイドヘルパーの行先は、大阪市立総合医療センターで行われた「あそびかたフェスタ」でした 毎年行わ…

ノーサイド柏原テラス

こんにちは 野村です 新しい施設のご紹介です 5月にオープンした 放課後等デイサービス「ノーサイド柏原テラス」 川と緑に…

東京小児呼吸器循環HOTシンポジウム

3月9日(土)に行われた、「第21回東京小児呼吸器循環HOTシンポジウム」に弊社の中西がシンポジストとして登壇しました。 カズキ君の事…

ケアチャンネルインタビュー

「ケア」の百科事典、ケアチャネル様のインタビュー記事が掲載されました。

当社代表の中西良介が、病気や障害のために介護が必要な方、介護をする方へ向けた実践的なまとめサイト 「ケア」の百科事典、ケアチャネル様のイン…

ページ上部へ戻る