SHARE!

私たちといっしょに働きませんか?

障がい福祉サービス
総合福祉施設ノーサイド

メニュー

新年のご挨拶/代表取締役 中西良介

ノーサイド本社

2021.01.01

これからの福祉
~10周年を迎えるにあたり~

新年明けましておめでとうございます。

昨年は、3 月から年末そして年始までコロナ、コロナ、コロナで1 年間振り回された年で
したね!! 今年はどこかで落ち着いてくれる事をみんなでお願いしましょう!
今年の7 月には、株式会社ノーサイドが10 周年を迎えることになります!!
皆さまと一緒に歩んできた一歩ずつの積み重ねでございます!

この10 年間を振り返ると、山あり谷あり、行きつ戻りつ、3 歩進んで2 歩下がると言う言葉どおりの10 年間だったように思います。
ここまでノーサイドを続けてこれたのは、皆さまのご協力と、スタッフみんなの頑張りだと深く感じています!
そして、今までかかわっていただいた方、全てのご協力に感謝しております!!

10 周年を迎えるにあたり、これからのノーサイドについて考える時間を年末にしっかりと取るように致しました!!

今年の目標!いやいや、これからの10 年の目標!
「 社会と繋がる」 これに決めました !! 腹をくくりました (^^)

今までノーサイドは、会社設立以来、福祉の事だけに専念してやってきました。
どうすれば利用者さんやご家族達が楽しく過ごしていけるのか?どんなことをすればスタッフも一緒に楽しんでいけるのか?今の福祉の制度の限界をなんとか突破して、新しい事や毎日が楽しく過ごせるように考えて、行動に移してきました。ノーサイドは「株式会社」「営利法人」として利益を追求する組織です。
それなのに全く利益を追求せず、設立以来、「利用者さん」「ご家族」「スタッフ」の幸せをずっと追求してきました。
まだまだ至らない点が多いことは承知の上ですが、自信を持って本気でそう言い切れます!!

しかし…というよりも、やはり、福祉の制度には限界があります。質の高いというか、内容の濃いというか、突き詰めて福祉に取り組んでも、収入はほとんど変わりません。
残念ながら日本の福祉の制度は、手厚い支援をしても収入が上がる制度になっていません。
ノーサイドは、この福祉の制度のままだと「今のノーサイドのカタチ」を10 年後、20 年後、50 年後も続けていくことができません!だから、日本の福祉の制度「だけ」に頼るのはもうやめようと思います。

今年からは、世の中にたくさんある企業さんやスポーツチーム、学校などの今まで福祉とあまり関係のない「社会」と繋がりを持ち、今までよりも遥かにたくさんの人達と共同で一緒に何かを作り上げていくことを進めて行こうと思います。

「何かを作り上げる」とは…?

それは、福祉の制度を越えた社会との繋がりで「お互いを支えあう」ことです。
具体的には、今年から東大阪をホームとして活動しているサッカークラブ「FC 大阪」と提携して、お互いに協力していきます。
FC 大阪を通じて、たくさんの企業と繋がり、障がい、高齢者、子ども、大人など関係なくみんなで支えあい楽しく過ごしていけるような社会を目指すことを、企業のみなさんと取り組んでいこうと思います。

当然、企業さんにもたくさんのメリットが出るように考えています。
例えば「社会貢献」「人材育成」「ブランド力」など…企業さん達から、ただお金や寄付など与えてもらうばかりではなくて、仕事のパートナーとして一緒に社会を作っていきたいと思います。
その為には越えないといけない高い壁がいくつもあり、簡単には叶えられるとは思っていません!!

しかし、その壁をひとつひとつ越えていくことで、これから先の10 年、20 年、50 年後も皆さまと一緒に楽しく過ごしていけるなら、諦めずチャレンジし続けていけると思います。
これからは皆さまにも益々のご協力をお願いする事があると思いますが、必ずノーサイドを次のステージ「新しい福祉のカタチ」に上げれるように頑張ってまいりますので、ご協力をどうぞよろしくお願い致します!!

皆さまにたくさんのうれしい、楽しい、ワクワク出来ることをお伝え出来るように、今までの10 年の活動を振り返り、至らない点を見直し、会社設立当時の気持ちを忘れず新しい事に取り組んでいきます!!

これからもどうぞよろしくお願い致します。

株式会社ノーサイド
代表取締役 中西良介

お問い合わせ

CONTACT

会社のこと、求人のこと、
ちょっとした疑問や質問など、
何でもお気軽にお問い合わせください