SHARE!

私たちといっしょに働きませんか?

障がい福祉サービス
総合福祉施設ノーサイド

メニュー

ラグビー🏉コーチ復活!/中西良介

ノーサイド本社

2022.05.21

あっという間の4月だったのではないでしょうか?
色々な環境が新しくなり、今までの当たり前がそうでなくなるとやはりしっくりとこないものです。小さい事でそう思います。
例えばテレビやラジオを習慣にされている方は、朝の声が変わると「ん?」「今日水曜日やったかな?」などあるのではないでしょうか。
ということで、最近よく曜日を間違える中西です(>_<)

さて今回は、中西の日常のお話です。

この4月からかなり重い腰を上げ、ラグビースクールのコーチに復活する事にしました!
「東大阪KINDAIラグビースクール」全国大会にもよく出場するラグビースクールです😊

今まで担当した学年が、スクールを3回卒業しています。しかし、この4、5年ほど会社運営やその他色々なお仕事やボランティア等が僕の容量がいっぱいになり😊、土日祝も関係なかったので、ラグビースクールになかなか行くことが出来ずコーチもお休みしていました。

コーチをはじめたのは15年前!27歳の時です。
きっかけは、近鉄花園駅の目の前にある「ラグビー酒場」というラグビーファンならお馴染みのお店で、何気なく飲んでいると、隣になった団体さんと仲良くなり、話がはずみいつの間にやらコーチになっていたような、なんとも僕らしい始まり方です。

僕が担当した最初のスクール卒業生は、今では24歳の素晴らしい社会人になっています。
大学を卒業するタイミングでみんなで集まり、それこそ「ラグビー酒場」で一緒にお酒を飲みながらお祝いしました😊

2回目に担当した子ども達は、現在大学3回生でバリバリの現役ラガーマン達が多くいます。スポーツ新聞やヤフーニュースで取り上げられたりしていて、見るたびにすごいなぁと感心と感動しています。

3回目の担当した子ども達は、現在中学2年生でそれぞれの中学校でラグビーを続けている子やラグビー以外のスポーツをしている子がたくさんいます。
※この学年は、僕がコーチをお休みしている時だったので卒業する姿が見られませんでした。今思うととても残念です…

そして今回、4回目は小学1年生の担当です!
ラグビーと言うよりも子ども達とワイワイ遊んでいる感じです。どちらかと言えば遊んでもらっていると言う方が正しいと思います😊

前置きがかなり長くなってしまいましたが、このお話で伝えたかった事は
「長く続けていることは大切にしないといけない」
「もし途中で休んだり諦めたりしてもやる気があればやり直しがきく」
「人の助けはありがたく受け入れる」

今回のラグビースクールのコーチ復活の際には、凄い葛藤がありました。
ずっと行ってないから気まずい…
今更戻ってどんな風に関われば良いのかわからない…
みんなに受け入れてもらえるのかな…

たくさん葛藤し、復活するのはやめておこうかなとも思いましたが、やはり子ども達とラグビーする事が好きですし、子ども達の成長を感じる事も好きです。
そして何より、自分が何かを教える事よりも、子ども達から学ぶ事がホントにたくさんあります。
そんな事を考えていると、またコーチとして挑戦する方が自分にとってとても成長になるのではないかと思いました。
復活した以上はしっかりと頑張っていこうと思っていますので、みなさんの温かい応援よろしくお願い致します!
※ものすごい個人的なお話にお付き合いいただき、最後まで読んでいただきありがとうございます。

株式会社ノーサイド
代表取締役 中西良介

お問い合わせ

CONTACT

会社のこと、求人のこと、
ちょっとした疑問や質問など、
何でもお気軽にお問い合わせください