SHARE!

私たちといっしょに働きませんか?

障がい福祉サービス
総合福祉施設ノーサイド

メニュー

居宅訪問型児童発達支援


居宅訪問型児童発達支援とは?

重い障がいや病気の状態により外出することが難しく、児童発達支援や放課後等デイサービスに通えないため支援を受けることができていないお子さまのご自宅に訪問支援員が訪問し、発達を促すための支援を行う児童福祉法に基づくサービスです。また、訪問支援を重ねながら将来的には通所支援や通園・通学など地域とつながり社会生活の幅が広がるように準備を進めていきます。

支援の特徴

どんなに病気や障がいが重くてもその子どもらしく楽しい時間を過ごせることを第一に考え、主にあそびを用いた発達支援を行っています。あそびと言ってもさまざまですが、お子さんの状態やご家族の希望に合わせた支援を進めています。

ハチドリの訪問とは?

株式会社ノーサイドと一般社団法人スペシャルキッズサポート振興協会が連携して行う居宅訪問型児童発達支援の事業の通称です。
一般社団法人スペシャルキッズサポート振興協会(訪問支援員の研修事業を担当しています。)
https://www.spkids.or.jp/

誰が訪問しているの?

看護師や保育士、児童指導員などこれまで病児・障がい児支援に携わってきた者が2名1組で訪問します。また、訪問開始前には小児科医が行う研修を受けており、訪問支援員は全員病児・障がい児に対する知識と理解があります。

ハチドリの訪問パンフレット

https://www.no-side-kaigo.com/pdf/hachidori_p01.pdf
https://www.no-side-kaigo.com/pdf/hachidori_p02.pdf

お問い合わせ

CONTACT

会社のこと、求人のこと、
ちょっとした疑問や質問など、
何でもお気軽にお問い合わせください